資格とは、実務熟練者も高学歴者も
無視できない存在

不況が長引く日本。

企業は、即戦力を求める傾向にあります。

大学生も学歴に甘んじなくなり、
インターンシップ制度を利用したり、
専門学校に通うケースが増えてきました。

即戦力と口でいうのは簡単ですが、
実務経験がない者にとっては酷な話です。

では、
未経験者はどうすればいいのでしょうか? 

その答えのひとつが、
資格の取得なのです。

最近の資格は、
机上の理論だけを問うだけでなく、
実務に直接活かせる
総合力を試すものが増えてきました。

すなわち資格とは、
希望の将来像に近づけるための
強力な武器なのです。

また経験者にとっても、 資格とは、
さらなるスキルアップを約束するツールなのです。

実務はある特定の部分に偏りがちで、
その分野を全体的に網羅したものではないからです。

一方で全体を包括しているのが資格なのです。

転職とは

「転職」とは、
文字どおり他の職業に転じる(変わる)こと
をいいます。

「終身雇用神話」が崩れ、
一度就職したらその会社のために働くという
「滅私奉公の精神」も薄れてきました。

また、本人の意志に関係なく、
突然の解雇など
予期せぬ事態が起こりうるご時勢です。
しかも、経営者側は、賃金を抑えるために
経験浅い若手よりも
経験豊富な熟年世代のほうを
解雇対象にすることもあるのですから、
なんとも皮肉なものです。

そういう社会背景を肌で感じて、
自ら積極的に転職準備をしている人もいます。

転職に期待する理由は、
収入の増加やキャリアアップが
上位を占めています。

そのためにも、
転職とは自分の希望を叶えるための
大きなチャンスだと捉えたいですね。